TOP > ゼオライトの可能性

ゼオライトの可能性

日本で起きた原発事故とそれによる環境汚染、人体への影響などといった事態に対応するために「ゼオライト生命体応用研究会」が立ちあげられました。

そして、2011年4月20日に参議院議員会館にて、「ゼオライトと放射性物質を考える勉強会」が開かれた際にも、会長である佐藤一男氏を始め、「ゼオライト生命体応用研究会」の4名が講師として招かれました。

佐藤一男さんは、日本におけるゼオライトの第一人者として知られる人物で、理事の鷲巣誠さんは岐阜大学の教授です。「ゼオライトが生命を救う!」という著書で有名な前山和宏医師や、七沢賢治さんといった面々が「ゼオライト生命体応用研究所」に名を連ねています。

日本では現時点では医薬品としての認可を受けていないゼオライトですが、海外では症例などを元に、生命体への応用についても研究がすすめられています。

ゼオライトは、放射性物質の除去に関しては、吸着の他にイオン交換という2つの働きによって効果を発揮するとされています。

さらに、ゼオライトをナノ粒子化することで、消化器だけではなく血液内にも吸収させることができます。
これによって、例えば呼吸器内が内部被ばくした場合でも、肺から血管へ有害物質が移動する中で、血管内で放射性物質を吸着し除去することが可能となるため、最終的に尿として排泄することが可能になるとの研究結果も発表されています。

微量であれ放射性物質を浴び続けることの危険性は世界中で指摘されています。
放射性物質は、浴び続けると身体の活性酸素を増加させるので、ガンを発症したり身体の老化が進んでしまいます。
ゼオライトは、こうした活性酸素の除去にも効果的とされているのです。

ゼオライトの効果や利用法については現在も研究が続けられていて、様々な研究結果が発表されています。

また、福島第一原発ではゼオライトによる放射性物質の汚染除去テストも始まっており、2011年4月20日の産経新聞によると、放射性物質の吸着が確認されたそうです。
ゼオライトは、穴の大きさがセシウムの原子の大きさに近いことから、特にセシウムの吸着効果が高いとされていて、実際に吸着が確認されたことからも、ますますその除去効果が期待されています。

■ゼオライト記事
東京電力福島第1原子力発電所事故で、東電は20日、海の汚染を防ぐために投入した鉱物「ゼオライト」の土嚢(どのう)に、放射性物質(放射能)が吸着したと発表した。
 東電によると、17日に2、3号機の取水口付近に投入した土嚢のうち2袋を19日に引き上げ、放射線量を測定した。その結果、土嚢の放射線量は毎時0・65ミリシーベルトで、周辺よりも0・1ミリシーベルト高かった。
 ゼオライトは多数の微細な穴が空いた鉱物で、ペットのトイレ用消臭砂などに利用されている。穴のサイズがセシウム原子の大きさに近く、セシウムを吸着しやすいとされている。
 東電の研究では、ゼオライト1キログラム当たり、セシウム6グラムを約30時間で吸着できたという。東電はゼオライト100キログラムの詰まった土嚢10袋を海に投入しており、今後も引き続き効果を確認する。
2011.4.20 産経 ゼオライト土嚢で放射性物質の吸着に成功 東電

実際に問題が起きている場所で効果が実証されたことで、今後、ますますゼオライトへの期待は高まっていくと思われます。

このページのトップへ