TOP > 用語・解説 > 放射能、放射性物質、放射線の違い

放射能、放射性物質、放射線の違い

放射能、放射性物質、放射線を懐中電灯でたとえると、懐中電灯が放射性物質、光が放射線となり、放射能とは光を発する能力そのものを指します。

放射線は光線に似ていて、物質を透過する力を持っています。放射線には、アルファ(α)線、ベータ(β)線、ガンマ(γ)線などの種類があって、物を通り抜ける力もそれぞれ異なっています。

さらにそれぞれを遮る事ができる物質も、放射線の種類によって異なってきます。

例えばα線は紙で抑えることができますが、β線やγ線、X線、中性子線といった放射線を紙は通してしまいます。

同じ様に、β線はアルミニウム等の薄い金属板で抑えられますが、アルミニウムはγ線、エックス線、中性子線を通します。

鉛や厚い鉄の板であれば、γ線、X線を遮りますが、中性子線は鉛板でも遮る事ができないのです。

このページのトップへ