TOP > 用語・解説 > 陽イオンと陰イオン

陽イオンと陰イオン

電子を放出して、+の電子を帯びた原子や原子団のことです。

原子、もしくは原子団が1つ以上の価電子を失うことで陽イオンとなります。
価電子とは、原子の一番外側にある電子で、これらが化学反応を起こす役割を担っています。金属イオンはすべて陽イオンにあたります。

逆に電子を受け取って、-の電子を帯びた原子や原子団が陰イオンとなります。ハロゲンはすべて陰イオンにあたります。

イオンと言うのは、電気を帯びている状態の原子で、自然の中では、陽イオン1に対し、陰イオンも1の比率でバランスよく存在するのですが、電子機器類等が発生させる陽イオンの影響で、ご家庭等では陽イオン5に対し、陰イオンが1と、イオンのバランスが崩れています。

これが原因で体調不良などを起こしているという考えがあるため、陰イオン(マイナスイオン)を発生させる家電製品などが、近年良く見かけられるようになりました。

しかし、イオンについては、まだまだ研究段階と言え、その効果についても確実であるとは言えません。

このページのトップへ