TOP > 私たちにできる防衛策

私たちにできる防衛策

原発事故によって、日本でも放射能汚染が問題となっています。 そうした中、日本に暮らしていくうえで、放射性物質による影響をどの様に回避していくか、また軽減させていくかという事を考えていかなければなりません。

私たち人間の体は、カリウム・カルシウム・セシウムを区別することができないので、たとえばカルシウムだと認識してセシウムを吸収してしまうそうです。

そのため、放射性セシウムの吸収を抑えるには、カリウム・カルシウムが身体に充足していることが大切になります。
つまり、バランス良く健康的な食事を心がけることが、放射性物質の吸収抑制にも役立つということです。
ちなみにカリウムは、野菜や豆類、果物に豊富に含まれていて、特に「パセリ」「アボカド」「ほうれん草」「ゆりね」「乾燥こんぶ」「乾燥わかめ」「ひじき」といった食品に多く含まれています。

また、調理法によっても放射性セシウムの量を減らすことができるという資料がチェルノブイリ原発事故の影響を強く受けたスウェーデンの防衛研究所・農務庁・食品庁・放射線防護庁・農業大学で共同発表されていて、佐藤吉宗さんのサイト「スウェーデンの今」にて詳しく紹介されています。

食品の放射性セシウムを減らすためのアドバイス

【 肉 】
  • 酸味の強いマリネ(マリネード)に漬けた上で調理すれば、肉に含まれるセシウムが80~90%減少する。(マリネード = 酢・ワイン・油・香辛料・ハーブなどから作る漬け汁)
  • 茹でた場合、牛肉であればセシウムの50~70%、ヘラジカやトナカイなどの野生の肉であれば45~70%が減少する。
  • 塩漬けするだけでは、30%ほどしか減少しない(塩漬けはトナカイの肉の保存などに用いられる)。しかし、水に漬けて塩抜きし、茹でた場合は70~85%のセシウムが減少する。
  • 焼いた場合は、大きな効果はない。
  • 燻製にしたり干したりした場合は、全く効果はない。
注1:茹でた水は捨てること。
注2:減少するのはセシウムだけでなく、カリウムやビタミンB6などの水溶性の栄養分も、セシウムの減少割合と同じだけ減少する。
【 魚 】
  • 魚を丸ごと茹でた場合、セシウムの15~20%が減少する。
  • 魚を細かく切って茹でた場合、20~30%減少する。
  • 塩漬けにしたあと、水で塩抜きし、茹でた場合はセシウムが70~80%減少する(塩漬けの時間が1週間であろうが、4週間であろうが関係ない)。
注1:茹でた水は捨てること。
注2:減少するのはセシウムだけでなく、カリウムやビタミンB6などの水溶性の栄養分も、セシウムの減少割合と同じだけ減少する。
【 野菜 】
  • 葉野菜であれば、外側の葉を取り除いたり、丁寧に水で洗ったり、湯通ししたり、茹でることで、セシウムの10~90%を取り除くことができる。
  • 人参やグリーンピースであれば、ゆがくか、凍らせた後に茹でて使用すれば、セシウムを50%減らすことができる。
  • 人参はゆがけば、放射性のストロンチウムが5%減少する。グリーンピースはゆがけば、ストロンチウムが35%減少する
注1:茹でた水は捨てること。
注2:減少するのはセシウムだけでなく、ビタミンBやCなどの水溶性の栄養分も、セシウムの減少割合と同じだけ減少する。
【 キノコ 】
  • たっぷりのお湯を沸かして軽く茹でれば、キノコに含まれるセシウムの70~80%が減少する。水は捨てること。
「スウェーデンの今」に掲載されている「放射性物質が落下した場合の食品生産について」より引用。
このページのトップへ